Automated Editing Toolでは、どのような変更を行うのですか?

フォローする

Automated Editing(ベータ版)は現在、プレミアム無料再校正のみでご利用いただけます。Automated Editingは、論文のすべてのエラーを修正したり、人間の校正者ほど多くのミスを修正したりすることはできません。しかし、論文に顕著な改善を加え、校正履歴でご確認いただけます。AJE のAutomated Editingツールは、世界中の著者が執筆した何千もの科学技術論文のデータセットを使用して訓練されています。 

 

以下のような変更や修正が可能です。 

  • 誤って使用されている記事("the "や "an "など)の変更
  • スペルと大文字小文字の間違い
  • 不自然な言い回し(例:「 in the current time」を「currently」に変更
  • 誤った言葉の選択(例:「latter」と「later」の混同
  • 不適切な前置詞(「above」や「among」など)を変更することがあります。

Automated Editingでは、論文全体の構造を変更することはありません。また、参考文献や原稿内の画像に含まれるテキストを変更したり、フォーマットしたりすることもありません。 

 

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事

もっと見る

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。